Espied テーマの子テーマを作成する

最近、実績や活動を紹介する機会が増えてきたので「ポートフォリオ」サイトを作成しすることにしました。私は「WordPress」を使い慣れているので、Wordpressでどのようにポートフォリオサイトを構築するかを模索したいと思います。

投稿タイプ「ポートフォリオ」

Jetpack にまさしく「ポートフォリオ」という投稿タイプが用意されています(Jetpackプラグインで「設定/カスタム投稿タイプ/ポートフォリオ」を有効にすると使用できる投稿タイプ)

まさしくポートフォリオのためのフォーマットですから、コレを利用してみるのが良さそうです。カスタム投稿タイプ等で追加するのも勿論アリですが、テーマ間で互換性のある設定済みの投稿タイプは魅力的です。

そして、この「ポートフォリオ」を利用するには「ポートフォリオ対応のテーマ」を使用するのが一番の近道ですね。

それをベースにカスタムしていくのが楽チンで、勉強にもなります。

定番「Espied」

なんだかんだいって「ポートフォリオ」が僕の理想に近い形で表現できるものは「Espied」でした。Espiedは WordPress.com の テーマラングラー:入江隆氏によるポートフォリオ対応テーマです。

デザイナーやフォトグラファー向けポートフォリオテーマ。画像ベースのプロジェクトを公開するのに適しています。

とりあえず、グリッドでレスポンシブなデザインで陳列できて、なかなか私の好みです。

でも「実績の紹介」という目的のほかに、もう少しパーソナリティを表現したいし、デザインもちょっと個性を出したいですね。

次回から、その過程をご紹介したいと思います。

次:子テーマの準備をする