Espied カスタム:子テーマを準備編

ポートフォリオ対応テーマ「Espied」をカスタムしていきます。

Espied は Automattic謹製のテーマなので、アップデートなど信頼性は高いでしょう。テーマ本体はできるだけ触らず「子テーマ」でカスタムしていきたいと思います。

今回のポリシーは、子テーマとして、できるだけコードを書くのは少なくする方針です。シンプルさはメンテの容易さでもありますね。ビシュアルはできるだけCSSでコントロールします。

子テーマではなく、ゼロからテーマを構築していくのは、とても楽しいです。が、色々大変です。細部をいちいちコーディングするより、先人の利用できる知恵を大いに利用して、注力したい部分に集中できるでしょう。Wordpressも進化するし(非推奨タグとか)、それに逐一対応するほどコストもかけられない。そういう場合は「子テーマ」で工夫するのが良いと思うのです。

子テーマ

子テーマは、親テーマと呼ばれる別のテーマの機能とスタイルを継承したテーマです。既存のテーマを変更する方法として、子テーマが推奨されています。

子テーマの詳細については Codex で確認して理解しておきましょう。

子テーマの最低要件は style.css と function.php の二つのファイルです。

style.css

各値は逐次変更してください。ミソは「Template」の部分で、親テーマのディレクトリ名を指します。

上の例では「Yambal Espied」という「Espied」の子テーマを意味しています。

function.php

親テーマCSSの読み込みと、子テーマCSS読み込みを担保するために下記のようにします。

5行目で子テーマCSSを読み込んでいますが、依存スタイルを指定することで、子テーマで親テーマのCSSをオーバーライドできるようにしておきます。

さて、次回から子テーマを利用してカスタマイズに着手します。